*Calendar*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
*SELECTED ENTRIES*
*RECENT COMMENTS*
*CATEGORIES*
*ARCHIVES*
*PROFILE*
*OTHERS*
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to フロアコーティング

*LocoMoco*

Lilypie Kids Birthday tickers Lilypie Third Birthday tickers
<< 学芸会の衣装&小道具作り | main | あの日の空。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
わかる。
 『100人おったら100人ぜーんいんがちょっとでも気持ちが楽になったらいいなと思って書いたのがこれやった』というタレントのくわばたりえさんのblog。少し前に読んで、うかつにも泣けてしまった 


コメント欄を読んでいると

育児に疲れた
もう しんどい
投げ出したい

めっちゃわかる。

洗濯
掃除
買い物
ご飯作る
食べさせる
食器洗う
お風呂入れる
子供と遊ぶ
寝かし付け
夜泣き
寝不足
オムツ替え
服着せる
抱っこする
子供長時間泣く
旦那のご飯
洗濯たたむ
病気したら病院連れていく
薬飲ませる
予防接種
対人関係
世間からの評価
子供の成長のあせり
私はダメな母親やと思う
休み欲しい
寝たいのに寝られない
自分のしたい事が何もできない
孤独

私も何回泣いたかわからん。
なんで私だけしんどいん?
旦那に当たったことも たくさんある

正直
今 めっちゃ楽しい!だけの毎日じゃない

でも一時期のどん底状態のしんどさはない。
どん底の時は何もかも嫌になる
投げ出したかった時もある
泣いてる隊長に 可哀想の感情もなかった

子供はお母さんが一番
お母さんが居ないと何もできない
そんな事言われんでもわかってる
わかってるから
しんどいねん
このしんどい気持ちを わかってくれる人がおらんからしんどいねん。

電車に乗る時グズったらどうしよう
何も考えんと電車乗りたい
電車でウトウトしてみたい
子供が泣いたら冷たい目で見てこんといて欲しい
アンタは赤ちゃんの時 泣かへんかったんか?って言いたい
言えない
肩身が狭い

赤ちゃんが生まれた時幸せな毎日やと思ってたけど
幸せの逆の方が多い気がする
でも
お母さんは頑張らアカンねんで!頑張って!
なんて
ちっとも思わへん
頑張らんでいいと思う
手を抜く事を 頑張ればいいと思う。
私がそうやから
疲れた時用に冷凍食品を買ってる
チンするだけ。
ご飯作らん時ある
隊長にも ご飯にレトルトをかけるだけの時ある
アナタは最低ですねと言われたら
最低にならんように、私が考えた事です
と言う。
私も人間なんです。手を抜く時があってもいいやんか
すべてを完璧にするのが母親じゃない
母親でいたいから 子供の前で 少しでも笑ってたいから
手を抜かせて下さい。
手を抜く事に文句言うなら
文句じゃなくアドバイス下さい
何か少しでも手伝って下さい
育児は一人じゃできません
近くの人間の協力、地域の協力が必要です。

今 どん底にしんどいママさん
お風呂の時
すぐ体洗わんと
裸で裸の子供を抱きしめてみてください。
鏡の前で抱きしめてみてください。
私は辛い時
今でもこうしてます。
初めて抱っこした時を思いだしてます。
是非 今夜やってみてね。


読んでいてアニキの時のこと思い出しました。「そうそう。そうだった!そんな気持ちだった!」って一気にフラッシュバックしちゃった。ちょっとした衣ずれの音でさえ敏感に反応していたような状況だったので、本当にビクビクと過ごしていたあの頃...。なんでもかんでも自分が頑張らなきゃと肩をいからせて、目の下にクマを作って、髪振り乱して子どもと向き合ってしまっていたあの頃。ようやく確保したわずかな静寂に自分の本当にささやかな「したいこと」をしていると、まるで見透かしたように泣き始めるアニキに苛立ったあの頃。

今思えば、そんな時期はわずかなのに、まるで終わりのないトンネルにいるような果てしなさを感じていました。それから時間があいて、今、久しぶりの赤ちゃんとの生活は、私にとっては有り難いリベンジの時間。アニキのときの物理的、精神的な経験が筋肉となって、あの時の私になかった、余裕という糊しろが今支えてくれているのがわかる。あの時やればよかったと思うこと、してあげたかったことを、まるで償うかのように、今しています。

火がついたように泣いていても「なんで泣くの?なんで困らせるの?」とは思わず、その原因を突き止めてあげたいと思っていろいろ考える。

何時に寝て起きて、何時にオムツを取り替えて、何時におっぱいあげて、と時計と記録ノートばかり見ていたあの頃。でも今は時計じゃなくて赤ちゃんをよく見るようにしている。

片腕に赤子を抱っこしながら、体を揺らしながら、片手でご飯を食べていても、おかずを赤子の顔に落っことしても(笑)こんな体勢でご飯食べるのも今しかできない、と思う。

もちろん今だって完璧じゃない。私も人間だからツラいこともあるし、夜中、何をどうしても泣き止まないときはさすがに自信を失って、相変わらず暗闇で呆然とすることもある。そんなときはリーサルウェポンのおっぱいすら役立たずで、本当に途方にくれてしまう。

でも今は、

アニキがいてくれる。「大丈夫?」って言ってくれる人がいる。そしてオットがいてくれる。遅く帰ってきて眠いだろうに、深夜泣き声に気づいて起きて来て「かしてごらん」と赤ちゃんを落ち着くまで抱っこしてくれる。「孤独」を感じることが少ないというのは、実はとっても大事なんじゃないかと思います。四六時中、物言わぬ赤子とべったり過ごすことのシアワセと大変さは本当に表裏一体。そのうちのほんの5分でも、ほっとお茶を飲める時間が取れるだけでどれほど気持ちが救われるか、男性には分かりにくいかもしれませんね。

今まさに子育て真っ最中のお母さんたちの気持ちを代弁してくれたような彼女の言葉に、とても励まされました。今日もお風呂のときにアニキをギュッと抱きしめよう。















| 育児*育自 | 13:33 | comments(2) | - |
スポンサーサイト
| - | 13:33 | - | - |
これは泣ける。心にガツンとくるポストでした。私の心境、そして”母”としてのidentityとの葛藤。本当につらい時がある。Everyday you have to remind yourself what is the happiness and meaning of life. It is different from what you want or what you are used to. You have to learn new things even you don't want to, because you want to be a good mom and be there for your kids.
ああ、他にも同じ心境の人がいる。それだけでもちょっと自分の心が軽くなる安心感を与えてくれるブログでした。お互いがんばろうね。正直なとも子さんのつぶやきが大好きで、なにげに心の支えになってます。Thanks for sharing!
| Nanako | 2012/11/20 10:17 AM |
*Nanaちゃんへ*

どうしても孤独になりがちな新生児期のお世話。もの言わぬ赤子と24時間みっちりつき合うのはシアワセだけど、普段とは違うリズムの生活と寝不足とで、時に気持ちの余裕がなくなってしまう。「こんなふうなのは自分だけかも」と思っていたところに、そうじゃなかった、と思える人や言葉があるだけで救われるよね。彼女の言葉に私も救われたひとりです:)


| locomoco | 2012/11/20 7:37 PM |