*Calendar*
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
*SELECTED ENTRIES*
*RECENT COMMENTS*
*CATEGORIES*
*ARCHIVES*
*PROFILE*
*OTHERS*
Live Moon ブログパーツ
Special Thanks to フロアコーティング

*LocoMoco*

Lilypie Kids Birthday tickers Lilypie Third Birthday tickers
<< 午前3時にシビレる! | main | ベスト9 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
教官いろいろ。教え方いろいろ。
さて、教習所内での初乗りから数時間。少しずつ車の動きやドライビングの感覚に慣れてきました。学科教習は全て終了し、坂道発進もS字やクランクもスラリと終わり、第一段階の実技教習も後半をむかえています

唯一まだ慣れてないのが、ほぼ毎回違う教官たち。いや教官たちの教え方です。当たり前ですが、みんなそれぞれ教え方が違う...というかその教官がポイントにしているところが違って、とまどうこともしばしば。やけにハンドルの持ち方を注意する教官がいるかと思えば、あえて今の時期は全くノーマークの教官もいる。ま、でもハンドルも持ち方や回し方の基本も、ハンドルを気にしすぎないこと(視線を前にすること)も大事なので、どちらが正しい、間違いということはないんだけれど。

これまでに当たった教官を少しご紹介。

男性教官O氏(私的あだ名:ヘンな教官)
車に乗り込んで開口一番。
O氏「いやー免許取ろうとおもっちゃいました?(笑)ケケケ。」
私「あ、ええ、まぁ。」
O氏「えっとね、私、この教習所の中で一番ヘンな教官ですから。他の教官みんなハンドルのことうるさく言うけど、私は一切言わないですから。とにかく道の真ん中走らせてください。それだけ。こんなヘンだから独身なんですかね、ケケケ。」
私「あ、はー。(心の声:だからアタシにどーしろって言うんだ)」
ひとしきり自分のヘンさをアピールされた後、彼は人差し指1本でハンドルをきり始めた。要はハンドルなんてギュッと握らなくたって動かせるものなんだから、リラックスすればいいんだよ、というのを見せてくれるわけです。あーなんか疲れる。1アクション1アクションツッコミが入り、なんだか自分の運転に集中できない... あげくの果てに、なかなか彼のイメージ通りの運転ができない私に言い放った一言。
O氏「お子さんが言うこと聞かないのが分かるなぁ。ケケケ。」
私「..........。」
解説すると「車(子ども)をコントロールするのがヘタだなぁ」ということだと思いました。そりゃそうですよ。何千時間、何万時間と同じコースをくるくる運転してるO氏に比べたら、アタシなんかまだ数時間っすよ。ヘタに決まってるじゃないですかっ!様々な感覚に慣れるために勉強しにきてるのに...。

ま、いちいち気にしてても仕方ないんで、軽くスルーしましたが、本当にいろんな教官がいるもんです。一切世間話なし!という教官がいるかと思えば、「お子さんいくつ?」「え?この住所だとあの辺?あー私も住みたいなぁー」「うちの家内なんか最初軽(自動車)に乗っちゃったから、普通のセダンに乗るのに10年かかりましたよ」と、まぁ賑やかに世間話満載の教官もいる(笑)。こないだなんか、教習が終了し、指定の場所に教官が車を移動し、停車した車内でその日の注意点などうかがっていたら、ドスン! 教官、ギアを入れ違えていたのか前に停まっていた教習車にぶつかった 軽くでしたが、ビックリしました!「あれ?今ギア入ってましたよね?」おいおい!アタシに聞くなよ(笑)。

そんなこんなで「我も人なり、教官も人なり」の精神で頑張っておりますさて仮免効果測定のために学科の勉強もしなくては!










| 教習所日記 | 09:40 | comments(0) | - |
スポンサーサイト
| - | 09:40 | - | - |